嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0

嚥下の仕組み・誤嚥防止・口腔内吸引の学習等に
嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0嚥下のメカニズム模型(看護実習モデル) 解剖部位明示透明カバー付き M-163-0

486,000円(税込)

送料無料

商品説明

嚥下の仕組みと嚥下障害(誤嚥)を防ぐ正しい食事介助の理解が可能

●製品概要
「嚥下のメカニズム模型」は、介助者が、嚥下の仕組みと嚥下障害(誤嚥)を防ぐ正しい食事介助を学び、
老人介護の盲点となっている嚥下障害による肺炎を防ぐことを目的に開発されました。

●特長
・経鼻チューブの挿入状態を角度を見ながら確認できます。
・間歇的チューブ栄養法を角度を見ながら実習できます。
・食塊模型により摂食時の状態を把握できます。
・舌はやわらかく、嚥下訓練、舌や口腔周囲筋の訓練、吸引の練習ができます。
・首の角度(頭の角度)が前に約15度、後に約45度傾けることができます。
・首の角度(頭の角度)と気管・食道の動きの関係が理解できます。

●実習
・嚥下の仕組みを学習できます。
・誤嚥がどのようにして起こるのかを学習できます。
・食事のときの正しい姿勢とベッド角の関係を学習できます。
・首の角度(頭の角度)と誤嚥の関係を学習できます。
・食物が詰まったときの救急ケアの練習ができます。
・嚥下訓練、口腔内のケアの方法を練習できます。
・経鼻チューブの挿入状態、間歇的チューブ栄養法の学習ができます。
・口腔内吸引の学習ができます。

【坂本モデルとは】
医学教育模型標本に始まり、近年では最新の医学・看護教育シミュレーターの開発製造を行っています。
全身モデル人形から始まった商品は、注射、排泄、母性などのシミュレーターのほか、介護や鍼灸分野へも拡大。確かな技術習得のため、人体のリアリティを追及することはもちろん、限られた時間の中でも効率的なトレーニングを実践するための商品開発を進めています。
そしてもう一つ、医療従事者として患者さんを思う心を育んでもらいたい。しなやかな皮膚感や美しさへのこだわりも、大切な坂本モデルクオリティです。

商品スペック

●重量/約12kg
●ケースサイズ/W77×D41×H40cm
●付属品/透明カバー、枕、ワイヤー付食塊模型、ベビーパウダー、収納ケース
※チューブは含まれていません。
●監修/豊橋創造大学短期大学部 准教授 大林博美

●分類名称/看護実習モデル人形
【ご注意事項】
本商品は、北海道・沖縄・離島への配送はいたしかねます。あらかじめご了承ください。

メーカー名:株式会社坂本モデル

モデル名:M-163

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする